モータースポーツヒストリー

2010 2000 1990 1980 1970 1960 1950

1950

1950
株式会社大金製作所(株式会社エクセディの前身)を設立

1960

1964
レーシングエンジンの高回転に対応するクラッチカバーを開発
この頃から、自動車メーカー用レースクラッチの開発を開始。

1970

1980

1988
メタリックディスクの開発を本格的に開始
シビックレース用メタリックディスクを初めて試作し、実践テストを繰り返す。

1990

ホンダ シビックレース

1990
ホンダ シビックレースにて、
当社製品を装着した社員がシリーズチャンピオンに輝く。
(鈴鹿フレッシュマントロフィーレース、東北シリーズ)
当社ブランド品の販売開始。
1994
スズキスポーツカルタスが、
全日本ダートトライアルで総合優勝。

フェラーリチーム

1995
F1カナダグランプリで、フェラーリチームが優勝。
第73回パイクスピーク・オートヒルクライムを制覇。
サファリラリー Nクラスで「スバルチーム」が
インプレッサで優勝。
ハイパーマルチ発売

子連れ狼HINO

1996
“子連れ狼HINO”チームが
パリ・ダカールラリーのカミオン部門で1-2フィニッシュ。
1997
“チームHINO”がパリ・ダカールラリーの
カミオン部門で1-2-3フィニッシュ。
フォーミュラーニッポン「FUNAI SUPER AGURI」へ
クラッチを供給。

ペンズオイルニスモGTR

1998
全日本GT選手権 ペンズオイルニスモGTRにスポンサード。
1999
フォーミュラードリーム車両に、5.5インチメタルツインクラッチが採用される。

2000

2001
アルミカバー採用の”ハイパーシングル”発売
2003
ストリート向けカーボンクラッチ“ハイパーカーボンシリーズ”発売
(後にCARBON-Rへ名称変更)

レース用フルカーボンクラッチ

2004
スーパーGT GT300クラスにカーボントリプルクラッチを供給開始
メタルクラッチの最軽量モデル”COMPE-R”発売
世界初のダンパー付きカーボンクラッチ“D-CORE”を発売
(後にCARBON-Dへ名称変更)
2006
COMPE-Rをベースとしたディスクダンパー付モデル
”COMPE-D”発売
全日本F3へ製品を本格供給。第3戦で初優勝
スーパーGTにレース用フルカーボンクラッチを本格供給
新世代ディスク”ウルトラファイバーディスク”発売

スーパーGT GT300

2007
スーパーGT GT300で初優勝
(第1戦 エンドレスアドバン洗剤革命Z)

SUZUKI SPORT XL7・スーパーGT GT300・スーパー耐久ST-3クラス・エクセディシビック・全日本ジムカーナ

2008
ハイパーシングルUFを発売。
(シビックFD2・EP3/
    インテグラDC5/アコードCL7用)
スーパーGT GT300で優勝
(第4戦 クスコDUNLOPスバルインプレッサ)
PPIHC(パイクスピーク・インターナショナル)で、SUZUKI SPORT XL7を駆る田嶋選手が3連覇
スーパー耐久 ST-3クラスで
EXEDY H.I.S. ings Zが
シリーズチャンピオン獲得
シビックインターシリーズで
エクセディシビックが4勝獲得(シリーズ2位)

MotoGP

2009
MotoGPでシリーズチャンピオン獲得

1950

MotoGP

2010
MotoGPでシリーズチャンピオン獲得
(FIAT YAMAHA TEAMは3年連続3冠達成)
2012
MotoGPでシリーズチャンピオン獲得

山野哲也選手

2013
全日本ジムカーナで山野哲也選手が
通算15度目のシリーズチャンピオンを獲得

三浦愛選手

2014
女性初の快挙!
全日本F3選手権で当社社員の三浦愛がNクラス初優勝!